大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

大田区 歯科 歯医者 森嶋歯科医院

お電話でのお問い合わせは 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら

審美歯科

ホーム > 診療について > 審美歯科

口腔内の状態を改善したうえで美しく機能的な歯を実現

審美歯科とは、口腔内の状態を改善したうえで美しく機能的な歯を実現する為に行われる診療科目です。
精密に歯を修復する事にこだわるのに加えて、治療に用いる材質(セラミックなど)もほとんどの場合で保険適用外となります。

「こんなに綺麗になるんだったら、早くやっておけばよかった!」
審美治療希望で来院され、実際に治療をされた方がよく言われることですが、もちろん何でも白くやりかえれば良いという訳ではありません。
適切な時期に正しく歯に負担の少ない方法で、かつ機能的でなければ審美歯科としての治療は成功しません。

口腔内の状態を改善したうえで美しく機能的な歯を実現

一般的に女性は、歯を美しくしたいとの願望があります。
ある女性の患者様が、色が悪い上の前歯を治されました。
その時彼女は、「やっとお客様の視線を気にせず営業できます。」と喜んでいました。
私たちは、会話している時に視線を両眼と口の間にあてています。
ですから、上の前歯の具合が悪いと、ひどく他人の視線が気になり、劣等感さえ感じるものです。
対人恐怖症の患者様が前歯を美しくしてから、自己に対する自信を回復された経験があります。
森嶋歯科医院では、なるべく歯を削らない治療を心掛けています。
しかし、美しい自分を取り戻すことが可能な審美歯科は、前歯に自信が持てない方がセラミック冠を入れることにより、歯を削らない以上の効果があることも事実です。
また、社会全体が「清潔志向」であることを反映して、「歯を白くしたい」患者様が急増しています。
歯の色を選ぶ特徴は、御自身の歯の色よりも、より白い色を選ぶ方が圧倒的に多いです。
歯が黄色いことは、不潔であると自己のイメージダウンになるからです。
年配の方の場合は、加齢現象として歯が黄ばんできます。
そのために色を選ぶ場合、若い感じを維持するため、より白い歯を希望される傾向があります。
プチ整形感覚で、セラミック冠を被せることにより歯並びや歯の色をより綺麗に簡単に治す方もいますし、奥歯の金属を白くされる方も多いです。
将来この歯を白くしたい傾向は、ますます強くなると思います。

歯を綺麗に治したいと思ったら、まずはカウンセリングをしっかりと受けて治療に関する詳細な説明を聞くように致しましょう。
そのうえで治療を受ける事によるメリットとそうでない部分をしっかりと把握された上で治療を始めて下さい。

審美歯科ではどんな事をするの?

審美歯科で代表的なのは「セラミック修復」です。
これらの治療効果を最大限に発揮するために、こだわった虫歯治療や歯周病治療を先に行っていきます。
場合によってはインプラント治療も併用します。

治療計画の作成は治療担当医から患者様への一方向ではなく、患者様のご希望を優先して作成していきます。
特に、「どうなりたいか」という部分は重要で場合によってはそれが患者様の人生を左右する大事なポイントともなります。

審美歯科ではどんな事をするの?

以前あった事では、
「実はプロポーズを考えている。自信を付けたいのでセラミックで前歯を綺麗にしたい。早急に受けたい!」
という内容の希望もありました。

こうした裏の希望まで伺うことが出来ると、「それならこうしましょう!」という専門家ならではの効果的なアドバイスをすることもできます。

微に入り細を穿つ、こだわって1本の歯を修復する

微に入り細を穿つ、こだわって1本の歯を修復する

自分自身の歯は元々「機能美」というものを備えています。
咬み切る為に必要な機能、すり潰す為に必要な機能、見た目の印象を決めるのに大きな要因となる白い歯。
元々、誰しもがそれらを持ち合わせていますが、虫歯や歯周病などにより自分が元々持つ「機能美」が徐々に損なわれていきます。

そうした機能美を回復させるためには、材料や治療法にこだわり、微に入り細を穿つ治療を歯科医師やそれをサポートするスタッフが当院では患者様に行っていきます。

セラミックの有利点は審美性と清掃性

セラミックによる歯の修復は現在の歯科治療で考えられる最善の選択肢です。
お茶碗をご想像頂けるとお解り頂ける通り、陶器に汚れは浸透しません。
また、金属での修復の場合材質の膨張・収縮や表面の粗さなどから汚れがこびりつきやすくなりますが、セラミックの表面はなめらかです。

セラミックの有利点は審美性と清掃性

現在患者様が選択する事の出来るセラミック治療は幾種類かありますが、やはり金属を一切用いないオールセラッミク系統のものか、ジルコニア系統のものが機能性と審美性のどれをとっても抜群に優れています。

「より良質治療を」という観点から歯科における修復治療を受ける場合は、セラミックを用いた治療が基本となります。
その上でより高度な形成技術や根管治療(歯の根の治療)を組み合わせる事により現状最善の選択が可能となるでしょう。

精度の高いセラミック

(1) 型取り材
精度の高いセラミック

寒天とアルジネートを使用します。
寒天は、一番品質の良いものを用い、それと相性の良いアルジネートを使用します。
アルジネートと水は重さを厳密に計量し、真空練和機を使用して練ります。
真空練和機を使用するのは、気泡が入らないため変形がないからです。
水は不純物のない純水を使用します。これも変形防止です。

(2)模型材

変形が最もない超硬石膏を使用し、水も不純物のない純水を使用します。
これも真空練和機で練ります。気泡が入らないので精密な模型が出来ます。
型取り材を口の内から外したらすぐに模型材を流し込みます。

(3)咬み合わせ材

上下の歯の咬み合わせの位置を記録するための精密な記録材を使用します。

精密な模型から作成される精密なセラミックは、隙間がないだけに取れずらく長持ちします。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3720-8855 へ メールでのお問い合わせはこちら